ニュース

バーチャルオフィスと実際オフィスの違い

バーチャルオフィスという言葉は世界オフィス市場においてもベトナムオフィス市場においても、もう新しくないはずです。この二つのサービスの重大な違いを知っていますか?

  1. コスト

この点はこの二つのサービスの最重大な違いのはずです。最大的にコストを減少するのは実際のオフィスに比べて圧倒的な強みです。実際オフィスに投資する初期費用が大きいので(デザイン・改修、オフィス家具販売、人員等)、それに加えて、月レンタル料や毎月の費用等、中小企業には重荷になります。

一方、準備と維持段階に最大的に削減されるおかげで、バーチャルオフィスは70%までコスト削減可能です。わずかな金額だけで、登記できる住所や大切な設備やサポートサービス等手に入れられます。

  1. 所在地

実際オフィスのように莫大なコストが要らなく、著しい小額でセンターエリアに位置し、取引に便利で良い住所が多くの選択肢で選べます。

  1. 運営・管理

実際オフィスの場合に、事務所を運営する費用等は全て企業が負担になり(レンタル料、電気代、設備補修代、人事代等)、管理にも手間がけっこうかかるはずです。

一方、バーチャルオフィスの場合、以上に列記されることは心配ではないことです。全てはサービスには含まれるわけです。月額料金以外、発生する費用がなく、安心で仕事が進めます。

  1. 営業時間

この点には実際オフィスはバーチャルオフィスに比べてよりメリットがあるようです。プロバイダの営業時間に基づくので、営業時間外に会議するのが不可能な場合もあります。

 

各サービスは長所と長所を持っていますが、一番メリットをもたらすのをよく考慮したあと、企業様に合うサービスが選べます。ご希望の情報を得るため、Hikari SmaSpace にご連絡ください!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *