ニュース

疲れさせる習慣(I)

事務所で疲れた状態になってしまうのは珍しくないではないか。しかし、疲労感がよく出たら、気にした方が良いと思います。

疲労感の原因が沢山あるので、医者か専門家の意見を参考するといいです。ただし、時々、問題はただ悪い習慣にほかなりません。

遅くまでデジタル機器使う

この習慣はオフィスにある習慣ではないが、翌日中に影響を与えるかもしれません。デジタル機器は睡眠質に悪い影響を与える可能性が高いです。

5~9時間の睡眠があっても、本当に快適に感じられないと、本当にリラックスができないはずです。睡眠とレラックスに対して、数量より質量の方が大切ということです。

働く環境がだらしない

一年に春時にだけ掃除している方は自分の働いているコーナーをかまい始めた方が良いと思います。

だらしないデスクのままだったら、目が吸収する情報が増え、この認知プロセスにエネルギーを増やします。ですから、長期的に、精神のエネルギーが取られ、ストレスが増えます。働く面積を減らす必要ではないが、全てをきちんと揃えて、精神とエネルギーを保存するだけでいいです。

輝度と光のバランス軽視

眼精疲労はオフィスの一般的な問題になってしまいました。眼精疲労は、まだあまりエネルギーを使っていないのに、体がもう疲れてしまう状態をもたらします。

眼精疲労の原因はスクリーンの輝度と周りの輝度のアンバランスです。スクリーンの輝度は周りの輝度は同じにさせると眼精疲労を防ぐのに役に立ちます。

スクリーンの位置留意しない

スクリーンの位置も大切なことです。この問題に対して、正しい答えはありません。一番快適な位置を置くだけは十分です。

手の長さをはじめ、一番良く読める位置まで調整してください。小さいスクリーンなら近くして、もっと大きいのはもっと遠くしてください。この点に留意しないと眼精疲労をもたらす原因です。スクリーンに近く座ったら目を害する証拠はまだありません。

スクリーンの高さにも気をつけなければなりませんよ。高すぎれば、頭痛を引き起こします。低すぎれば、悪い着座姿勢してしまい、首を疲れさせてしまいます。スクリーンの上部は目の高さでしてください。

 

ソース

www.makeuseof.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *