ニュース

疲れさせる習慣(II)

立つよりよく座る

長い時間で座るのは体に悪いだけではなくエネルギーも増やします。British Medical雑誌によると、長い時間で座ると疲れてしまうことです。

疲れる兆しはオフィス以外他の所で現れなかったら、たぶん座るのは原因かもしれません。それなら、スタンディングデスクとか変更してみれば?簡単な変化でも大きく積極的な結果が出るはずです。

座る姿勢悪い

だれでもスタンディングデスクに変更することすぐできるわけないはずです。

以下の座り方を参考してください:

-120o ~135ほど後ろに向かって座る

-椅子のバックにお尻を保つ

-足を平良に保つ

-まっすぐに座らないで

-前に向かって座らないで

-肘掛けを使ったり、肘にもたれたりしないで

悪い姿勢はエネルギーを増やさせる一方で、良い姿勢は筋肉をレラックスさせて、エネルギーを保つのに役に立ちます。

定期的に休憩取らない

短くても休憩は以上に述べた疲れを削除するのに必要ですよ。(休憩時にコンピューターに離れてください)

始めたばかりの方には、長い時間で座るのを邪魔するのにいいです。休憩は血液循環と筋肉を活性化させるのにもよいです。それに、コンピューターのスクリーンに離れて目が休む時間を与えます。

水化は疲れと戦う戦争に大切な要素なので、休憩時に一杯の水を飲むようにしてください。

仕事中毒                                          

自分(筆者)が仕事中毒として精神にも体にも帰結を悪く与えると確保します。この状態が止まった時、一段気持ちがよくなるとも保障します。

精神に悪い影響を与えるだけではなく、体にも与えますよ。この状態に陥ってしまうと思ったら、専門家か仕事中毒サポートグルプに相談する方が良いです。

季節によるストレス

季節によるストレスは臨床ストレスと違うと注意してください。季節によるストレスは自然の光の存在により、出るかどうか決まります。一方で臨床ストレスは光の存在に関係ありません。

よく出る症状は不安感か虚無感か怒りか疲れです。これらの症状が出たら、光療法のランプを使ってみてください。

 

以上述べた症状の大分があったら、慌てないでください。深呼吸して、レラックスして、一晩で克服できないと覚えてください。

この中のいくつは数分で克服できる一方で、数週間か数ヶ月まで克服できることもあります。何を問わず、一回に一つに集中してください。

 

ソース

www.makeuseof.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *