ニュース

2018年のオフィス設計傾向(I)

Forbesによりますと:

職場が体内の一部になってしまう人たち、働く環境を好んで楽しんでいる人たちは仕事或いは会社に従事して、効率が上がって、元気になる傾向があります。

ダイナミックでフレキシブルな空間

ソース:The Zero Boss

ダイナミックな空間は好まれている人気は集めていて、多くの会社よりフレキシブル的な仕事エリアに入れるのにますます選ばれています。制限を最小化するという特定はこの設計の優れた点で、従業員が仕事をする場所とやり方を自由に調整しても問題はありません。

このオフィスセットアップでは家具が安易に移動され、簡単に並べ替えられます。伝統的な職場に縛られないという理由で、脳を縛って仕事を進める人たちに気に入られます。たとえば、従業員がラップトップで働けるソファを装備すれば?

バイオフィリック設計

ソース:Office Snapshots

バイオフィリック(バイオフィリアという言葉の由来)は特に自然で見つかる要素で、人生と生きる世界の愛に言及します。バイオフィリック設計は自然にインスパイアーされたパターン、フォーム、コンポーネントを使って、自然をバックグラウンドとして設計に入れて、全体的な外観を与えます。

自然にアクセスできない所にとってバイオフイリック設計は本当に役に立ちます。自然の光が入るため、バイオフイリックオフィス様式はガラス窓を採用します。自然の植物又は人工的な植物は平安な感覚を与えます。自然の模様とか色が外の世界を模倣して、オフィスの世界を建てます。

テクノロジー統合

ソース:M Moser Associates

テクノロジーは人間のやり方もビジネス流れを変える原動力です。テクノロジー統合のセットアップの支援で従業員がもっと賢明で効果的に作業を進めることができます。これはビジネスにももっと利益を追加するはずです。

オフィス設計にテクノロジーを混ぜる時に、プレゼンテーション用スクリーン、ビデオ会議機能、ワイヤレス充電ポート、スマートボード、データ共有等の設備も確認しておくのを忘れないでください。コラボレーション・メディア・プロジェクト管理・重要なビジネスエリア関係の問題解決のことを支援するため、テクノロジーを採用するのはキーのことです。

住宅にインスパイアーされたセットアップ

ソース:Home Designing

「家から遠い家」というコンセプトはこのアイディアの基本です。従業員に家のファミリア感を感じてもらうため、オフィスに住宅の感覚が入って欲しかったら、家にある要素を入れてください。たとえば寝るエリア、バー、ラウンジテレビ、ゲームルーム等。。。

家感覚を与えることは機能性と快適性を合わせるということです。このオフィスはユニークな職場で、従業員が毎日楽しんで仕事をする場所になります。

 

ソース:

figarigroup.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *