ニュース

2018年のオフィス設計傾向(II)

革新的なエリア

ソース:RobinPowered.com

この設計は多数の労働力を含む多くのミレ二アルズに人気があります。ミレ二アル世代がわくを超えたワークセットアップの傾向を共有します。たとえば、コラボレーションに使うリビングルームタイプから、床に置くカジュアルな会議室までとかオフィスのことから離れる瞑想室です。

ミレ二アルズがオフィスで交際社会をつくることと、フレンドリーかプロフェッショナルなインタラクションに従業員を皆つなぐ場所を造ることは必要です。

コラボレイティブミーティングスペース

ソース:Office Snapshots

コラボレイティブな空間もミレ二アルよりインスパイアーされたオフィス設計です。ミレ二アルズはデスクから離れて、ブレインストーミングかあまり正式ではないミーティングのための共用エリアで集まる傾向があります。コラボレーションか勉強か文化を促す設計が好まれます。

最高的にスペースを利用でき、オフィスエリアの交換可能性(ミーティングルームからブレークアウトルームか静かな隅へ)が大切なので、ミーティングスペースはガラスドアに囲まれる必要ではありません。

プライバシー・フレンドリーワークステーション

ソース:Steelcase

人気の柔軟なデザインとオープンスペースとしても私用の空間を抜かないやむにやまれぬ理由はまだ存在しています。スペースの一部を囲もうとしたら、伝統の仕切りかブースを忘れて、最低的に気の散ることを避け、作業できるため、半閉鎖セッティングにした方が適当です。

その上、普通な仕切りのようなグリーンな壁でオフィスを緑化して、エコと流体の感覚を与えることは十分です。

ブランドの職場

ソース:The Zero Boss

デザインのコンセプトは会社の語りたい話に基づいてビルを建てる様子で従業員かコミュニティをインスパイアさせる話をシェアさせます。オフィスアーキテクチャは会社の謙虚なはじめかコア原則の代表になります。オフィス家具かパレットか絵図か他のデザインの要素で先前ことのイメージが伝わります。

 

ソース:

figarigroup.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *