NEWS

1-Flexible-and-Dynamic-Spaces
Read More
ニュース

2018年のオフィス設計傾向(II)

革新的なエリア ソース:RobinPowered.com この設計は多数の労働力を含む多くのミレ二アルズに人気があります。ミレ二アル世代がわくを超えたワークセットアップの傾向を共有します。たとえば、コラボレーションに使うリビングルームタイプから、床に置くカジュアルな会議室までとかオフィスのことから離れる瞑想室です。 ミレ二アルズがオフィスで交際社会をつくることと、フレンドリーかプロフェッショナルなインタラクションに従業員を皆つなぐ場所を造ることは必要です。 コラボレイティブミーティングスペース ソース:Office Snapshots コラボレイティブな空間もミレ二アルよりインスパイアーされたオフィス設計です。ミレ二アルズはデスクから離れて、ブレインストーミングかあまり正式ではないミーティングのための共用エリアで集まる傾向があります。コラボレーションか勉強か文化を促す設計が好まれます。 最高的にスペースを利用でき、オフィスエリアの交換可能性(ミーティングルームからブレークアウトルームか静かな隅へ)が大切なので、ミーティングスペースはガラスドアに囲まれる必要ではありません。 プライバシー・フレンドリーワークステーション ソース:Steelcase 人気の柔軟なデザインとオープンスペースとしても私用の空間を抜かないやむにやまれぬ理由はまだ存在しています。スペースの一部を囲もうとしたら、伝統の仕切りかブースを忘れて、最低的に気の散ることを避け、作業できるため、半閉鎖セッティングにした方が適当です。 その上、普通な仕切りのようなグリーンな壁でオフィスを緑化して、エコと流体の感覚を与えることは十分です。 ブランドの職場 ソース:The Zero Boss デザインのコンセプトは会社の語りたい話に基づいてビルを建てる様子で従業員かコミュニティをインスパイアさせる話をシェアさせます。オフィスアーキテクチャは会社の謙虚なはじめかコア原則の代表になります。オフィス家具かパレットか絵図か他のデザインの要素で先前ことのイメージが伝わります。   ソース: figarigroup.com

Read more

1-Flexible-and-Dynamic-Spaces
Read More
ニュース

2018年のオフィス設計傾向(I)

Forbesによりますと: 職場が体内の一部になってしまう人たち、働く環境を好んで楽しんでいる人たちは仕事或いは会社に従事して、効率が上がって、元気になる傾向があります。 ダイナミックでフレキシブルな空間 ソース:The Zero Boss ダイナミックな空間は好まれている人気は集めていて、多くの会社よりフレキシブル的な仕事エリアに入れるのにますます選ばれています。制限を最小化するという特定はこの設計の優れた点で、従業員が仕事をする場所とやり方を自由に調整しても問題はありません。 このオフィスセットアップでは家具が安易に移動され、簡単に並べ替えられます。伝統的な職場に縛られないという理由で、脳を縛って仕事を進める人たちに気に入られます。たとえば、従業員がラップトップで働けるソファを装備すれば? バイオフィリック設計 ソース:Office Snapshots バイオフィリック(バイオフィリアという言葉の由来)は特に自然で見つかる要素で、人生と生きる世界の愛に言及します。バイオフィリック設計は自然にインスパイアーされたパターン、フォーム、コンポーネントを使って、自然をバックグラウンドとして設計に入れて、全体的な外観を与えます。 自然にアクセスできない所にとってバイオフイリック設計は本当に役に立ちます。自然の光が入るため、バイオフイリックオフィス様式はガラス窓を採用します。自然の植物又は人工的な植物は平安な感覚を与えます。自然の模様とか色が外の世界を模倣して、オフィスの世界を建てます。 テクノロジー統合 ソース:M Moser Associates テクノロジーは人間のやり方もビジネス流れを変える原動力です。テクノロジー統合のセットアップの支援で従業員がもっと賢明で効果的に作業を進めることができます。これはビジネスにももっと利益を追加するはずです。 オフィス設計にテクノロジーを混ぜる時に、プレゼンテーション用スクリーン、ビデオ会議機能、ワイヤレス充電ポート、スマートボード、データ共有等の設備も確認しておくのを忘れないでください。コラボレーション・メディア・プロジェクト管理・重要なビジネスエリア関係の問題解決のことを支援するため、テクノロジーを採用するのはキーのことです。 住宅にインスパイアーされたセットアップ ソース:Home Designing 「家から遠い家」というコンセプトはこのアイディアの基本です。従業員に家のファミリア感を感じてもらうため、オフィスに住宅の感覚が入って欲しかったら、家にある要素を入れてください。たとえば寝るエリア、バー、ラウンジテレビ、ゲームルーム等。。。 家感覚を与えることは機能性と快適性を合わせるということです。このオフィスはユニークな職場で、従業員が毎日楽しんで仕事をする場所になります。   ソース: figarigroup.com

Read more

comfort-stay-image
Read More
ニュース

疲れさせる習慣(II)

立つよりよく座る 長い時間で座るのは体に悪いだけではなくエネルギーも増やします。British Medical雑誌によると、長い時間で座ると疲れてしまうことです。 疲れる兆しはオフィス以外他の所で現れなかったら、たぶん座るのは原因かもしれません。それなら、スタンディングデスクとか変更してみれば?簡単な変化でも大きく積極的な結果が出るはずです。 座る姿勢悪い だれでもスタンディングデスクに変更することすぐできるわけないはずです。 以下の座り方を参考してください: -120o ~135o  ほど後ろに向かって座る -椅子のバックにお尻を保つ -足を平良に保つ -まっすぐに座らないで -前に向かって座らないで -肘掛けを使ったり、肘にもたれたりしないで 悪い姿勢はエネルギーを増やさせる一方で、良い姿勢は筋肉をレラックスさせて、エネルギーを保つのに役に立ちます。 定期的に休憩取らない 短くても休憩は以上に述べた疲れを削除するのに必要ですよ。(休憩時にコンピューターに離れてください) 始めたばかりの方には、長い時間で座るのを邪魔するのにいいです。休憩は血液循環と筋肉を活性化させるのにもよいです。それに、コンピューターのスクリーンに離れて目が休む時間を与えます。 水化は疲れと戦う戦争に大切な要素なので、休憩時に一杯の水を飲むようにしてください。 仕事中毒                                           自分(筆者)が仕事中毒として精神にも体にも帰結を悪く与えると確保します。この状態が止まった時、一段気持ちがよくなるとも保障します。 精神に悪い影響を与えるだけではなく、体にも与えますよ。この状態に陥ってしまうと思ったら、専門家か仕事中毒サポートグルプに相談する方が良いです。 季節によるストレス 季節によるストレスは臨床ストレスと違うと注意してください。季節によるストレスは自然の光の存在により、出るかどうか決まります。一方で臨床ストレスは光の存在に関係ありません。 よく出る症状は不安感か虚無感か怒りか疲れです。これらの症状が出たら、光療法のランプを使ってみてください。   以上述べた症状の大分があったら、慌てないでください。深呼吸して、レラックスして、一晩で克服できないと覚えてください。 この中のいくつは数分で克服できる一方で、数週間か数ヶ月まで克服できることもあります。何を問わず、一回に一つに集中してください。   ソース www.makeuseof.com

Read more